August 5, 2018

July 24, 2018

April 29, 2018

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

金魚 水替え しない

July 24, 2018

熱帯魚や金魚を水槽で飼うとなると、様々な装置を購入する必要があるようです。これが、なかなかの設備投資。日々の世話で、根をあげる人の声も聞こえてきます。ご高齢者の方からは「水替え作業」が難儀で仕方ないと相談されたこともあります。生き物を飼うということは、お金や忍耐、継続…それなりの責任感(?)も必要になってくるというところでしょうか。

 

検索サイトで「金魚 水替え しない」と検索したところ、44万件もヒットしました。ちょっと驚きましたが、相当なニーズのようです。ご存知の通り、当社は水替え不要をうたう水質浄化材【バクチャー】を取り扱っています。この「水替え難儀」ニーズに是非とも紹介したくなるわけです。

 

この箱には入っているのが【バクチャー】です。箱は、スマートでシンプルなデザインです。箱の中には、コイルと黒い石と黒い粉。黒の理由は主成分は火山礫だから。特別な薬や調整剤のようなものは使われておらず、自然界に存在するもの以外は含まれおりません。安心安全な商品です。

 

 水槽で使うとしたら、写真のような上部フィルター式の流水装置をお勧めしております。水槽全体の水が常に循環している形にして欲しいからです。そして、バクチャーの設置場所は写真でいうところの左上。

 

水がポンプアップされて吐き出される場所です(分かりやすいように上に乗っけてます)。ここだと必ずバクチャーに触れてから水が水槽内で循環されますよね。

 実際は、写真のように置くと蓋も閉まります…。

 

バクチャーは微生物を活性化させる働きを持っています。そして、水を綺麗にしてくれるのは微生物の役割なのです。水槽内をなるべく自然界に近い環境にしてあげるのがバクチャーシステムの仕組みなのです。水替えをするような川や湖なんて聞いたことがないわけですから、自然に近い環境であれば水槽も、本来水替えしなくても良いもののはずです。結果、金魚を飼う方も楽なわけですから、試してみる価値はあるのかもしれません。

 

現在弊社の水槽は、水替え無し運転を継続中で、21ヶ月目に突入です。

 

【バック トゥ ネイチャー】が【バクチャー】の語源です。人間が少し乱してしまった地球環境を元の自然の姿に戻したい…という開発者の想いが、名前に反映されているのでした。そんな背景も、皆さんのご記憶に残れば幸いです。


 

-------------------------------------------------------

バクチャー(60L水槽用)はこちら

https://item.rakuten.co.jp/aidoll/350914/

-------------------------------------------------------

 

-------------------------------------------------------

バクチャーとは

http://www.bakture.or.jp/bakture/

楽天サイトはこちら

https://item.rakuten.co.jp/aidoll/

エナプラショップはこちら

http://enapura.shop

-------------------------------------------------------

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now